ASMA 形状記憶合金協会 ホーム    お問い合わせ
形状記憶合金協会の紹介
会長挨拶
展示会・イベント
出版案内
関連規格
ニュースレター
形状記憶合金の歴史
会員企業一覧
入会のご案内


展示会・イベント

2014年度・形状記憶合金に関する講習会のご案内

主催:(社)形状記憶合金協会

東日本大震災に被災されながら目覚ましい復興を成し遂げられ、更なる奮闘をなさっておられる皆様方に心よりエールをお送りいたします。

温めると元の形状に戻る形状記憶合金、ゴムのように伸びる超弾性合金。ふたつはともに機能性材料として多分野に応用される合金となりました。

最近ではニッケル・チタン以外の新しい形状記憶合金が各種開発され、用途面では、特に医療、福祉、環境等に対応した新分野や自動車、電子機器等の広い製品分野への応用研究が盛んになり、新しい製品が生まれております。

このような中、本年度も形状記憶合金協会では、下記要領にて講習会を開催することといたしました。

各種医療機器や家電・自動車、通電機器、衣料ファッションから、航空・宇宙機器まで広範な産業分野での応用例、更に米国での開発と応用の現状、新合金の研究開発とその展望など、グローバルな視野で未来を見通した巨視的な観点から、今年はスケールの大きな講習会を企画いたしました。

是非とも多くの皆様のご参加を賜りますよう、ご案内申し上げます。


主催 社団法人 形状記憶合金協会
協賛 日本ばね学会
開催日 2014年7月17日(木)
会場 東京工業大学 大岡山キャンパス 西9号館 ディジタル多目的ホール
(http://www.titech.ac.jp/about/campus_maps/ookayama.html)
(東京都目黒区大岡山 2-12-1 TEL 03-3726-1111)
◎東急電鉄:大井町線・目黒線「大岡山」駅下車すぐ
地図
募集定員 150名
参加費

一般:9,000円(予稿集代を含む)
学生:3,000円(同)
当協会会員:5,000円(同)

技術交流会参加費:5,000円

(注)講習会終了後、講師の方々を囲みまして技術交流会を開催いたします。

申込要領 参加申込み

(注)お申込みは、参加費の入金が確認出来た段階で完了となります。お申込みと同時にお振込みいただきますようお願いいたします。

お振込先:
みずほ銀行 横浜東口支店
普通口座 No.2092701
一般社団法人 形状記憶合金協会

(注)恐縮ながら、振込手数料は各自ご負担下さいますようお願い申し上げます。
参加申込み締切 2014年6月30日(月)延長「7月11日(金)」
問い合わせ先 社団法人 形状記憶合金協会(ASMA)事務局
相互発條株式会社 新製品開発部内
形状記憶合金協会事務局 石井 崇
(jimukyoku@asma-jp.com)


プログラム

時間 演題 講師
10:00〜10:05 開会の挨拶 形状記憶合金協会 会長 
山内 清
10:05〜11:05 形状記憶合金の基礎と最近の研究 東北大学 大学院工学研究科
大森 俊洋
11:05〜12:05 形状記憶・超弾性合金の製造と応用例 NECトーキン株式会社
小澤 倫秀
- 昼食 -
13:00〜13:30 形状記憶・超弾性合金を応用したステージ衣装の紹介 スクナビコナ
櫻井 利彦
13:30〜14:30 眼鏡フレーム製造から手術用医療機器産業への参入事例 株式会社シャルマン
岩堀 一夫
- 休憩 -
14:45〜15:45 Control of cyclic energy dissipation in shape memory alloys 米Fort Wayne Metals
Jeremy Schaffer
15:45〜16:45 生体用形状記憶・超弾性合金の開発の現状と展望 東京工業大学 精密工学研究所
細田 秀樹
16:45〜16:55 全体質疑
16:55 閉会の挨拶 形状記憶合金協会 事務局長 
大方 一三


戻るページの先頭へ