ASMA 形状記憶合金協会 ホーム    お問い合わせ
形状記憶合金協会の紹介
会長挨拶
展示会・イベント
出版案内
関連規格
ニュースレター
形状記憶合金の歴史
会員企業一覧
入会のご案内


展示会・イベント

形状記憶合金シンポジウムのご案内

先進機能材料・先進生体材料としての形状記憶合金の新しい用途開発
New Research and Development of Shape Memory Alloy for Advanced Functional and Bio-Materials

温めれば動き、引っ張ればゴムのように伸びる形状記憶合金・超弾性合金。
かつての夢の新合金は、今ではすっかり産業界に溶け込み、誰でも何処でも手にできる馴染みの機能材として定着に及んでいます。
当ASMAは,1980年、前身の形状記憶合金開発組合の発足以来、形状記憶合金の普及啓蒙を目的とした研究会、講習会を例年開催してきました。
また、昨年はこれに加え、2月にこれまでの開発事例の研究報告シンポジウムを主催、12月には形状記憶関連国際会議「SMST-2007」で国内応用製品の事例報告と大展示を行い、内外から高い評価と関心をいただきました。
本年は、昨年の実績を踏まえ、新たな用途開発を促すSMAシンポジウムを下記の要領で開催いたします。
なにとぞ多数の発表申込みとご参加いただきますようよろしくお願い申し上げます。
→シンポジウムプログラム

主催 形状記憶合金協会
共催 日本機械学会 材料力学部門SMA分科会
日本金属学会 分科会研究会
開催日 2008年11月27日(木)28日(金)
会場 ユアーズホテル・フクイ
(JR福井駅前 電話:03-3498-1324)
宿泊のご案内
参加費 27,000円(非会員) 
24,000円(会員) 
申込要領

原稿フォーム

原稿用紙はA4版白紙とします。英文アブストラクトは無くても結構です。
執筆方法は日本機械学会(http://www.jsme.or.jp/conrule.htm)に準じてください。

原稿提出先

〒240-0025 
横浜市保土ヶ谷区狩場町179 株式会社パイオラックス 
横浜テクリカルセンター内
形状記憶合金協会事務局 
加藤 勉 
TEL:045-710-1558

申込締切 講演申込み締切日:2008年9月30日(金)
原稿締切日:2008年10月31日(金)
参加登録:2008年10月31日(金)
講演申込み先 参加申込書各欄にご記入のうえ、ファックス、郵送またはE-mailにてお申し込み下さい。
参加申込書(word 29KB)
日本機械学会 P-SCD358分科会事務局
事務 阿部由紀恵(東北大学大学院工学研究科 秘書)
FAX:022-795-7323
問い合わせ先

形状記憶合金協会 シンポジウム担当
〒108-8478 
東京都港区港南一丁目6番35号 大同品川ビル
大同特殊鋼株式会社 商品企画開発室 
鈴木 昭弘
TEL:03-5495-1285 FAX:03-5495-6748


プログラム

招待講演 各60分 高瀬 圭(東北大学 医学部放射線部)
「臨床医から見たSMAの血管治療(IVR)デバイス応用の現状と課題」
宮崎 修一(筑波大学 物質工学系)
「SMAの工業化技術と今後の展望」
一般講演 各20分 多くの方々のご参加をお待ちいたしております。


戻るページの先頭へ